給湯器の種類

快適な生活を送っていくためには、給湯器は大切な役割を果たしていますね。
給湯器は、お風呂やキッチンで大活躍しています。
ここでは、まずは給湯器の種類についてお教えします。

給湯器の熱源は、ガス、電気、石油になります。
最も一般的なのがガスですね。
最近では特に効率よく加熱するエコジョーズが主流になっています。
電気を熱源としているものには、エコキュートや電気温水器があります。
オール家電の家では、電気が熱源になりますが、エコキュートが主流になっています。
また、最近では、電気とガスを組み合わせたハイブリッドの給湯システムも登場してきています。
石油は、あまり使用されていませんが、商品としては排熱を再利用したエコフィールがあります。
なお、石油は、原油価格に大きく左右されはしますが、ランニングコストを比較的低く抑えることができます。

給湯方式は、2種類あります。
ひとつは瞬間式で、水栓をあげるとバーナーが着火して燃焼し、水を熱してすぐにお湯が作られるタイプです。
熱源はガス、または石油になります。
もうひとつは、貯湯式です。
タンクにあらかじめお湯を貯めておく方法です。

給湯器を選ぶときには、使用するお湯の量、お湯の使い方、太陽光発電や床暖房など取り入れたい機能は何かなど、ライフスタイルとともに検討しておく必要があります。
このため、給湯器の種類を知っておくことは大切です。
実際にショールームに出向き、実物を見て検討すると良いでしょう。

Copyright © 2014 給湯器の概要 All Rights Reserved.